就職活動のスケジュールは毎年同じというわけではありませんし、企業や大学などの学校や、個人としても就職活動のスケジュールは異なってくると思います。キチンとしたスケジュールを立てていくことが大切になります。

就職活動ではインターンなどの支援制度を利用しよう

日本の就職活動は、応募書類を送付してから短時間の面接だけで採否が決まることが多く、本当の自分を見てもらえないという不満がよく出ています。
さらに、採用する企業側にとっても、せっかくコストをかけて採用した新入社員にすぐ辞められてしまう事例が増加しつつあり、ミスマッチを防ぐために就業体験ができる支援制度を設ける流れになっているのです。
この正式に採用する前に就業体験をさせる支援制度はインターンと呼ばれており、社会を知らない学生にとっての貴重な仕事の場になっています。
企業にとっては部外者を職場に入れるので、通常よりも仕事のペースが落ちてしまう弊害がありますが、将来を担ってくれる優秀な人材の確保や、会社そのものの広告宣伝として意義を見出しているのが現状です。
学生にとっても大きなメリットがあり、仕事についての具体的なイメージを掴み、自分が本当にやりたいことを見つけられます。
インターンは非公式の活動であるので基本的に履歴書の職歴にはなりませんが、短期間でも会社にいて何かをやっていたことは大きなアドバンテージになるので人気です。
業界によってはインターンが就職活動の一環になっていて、学生の立場でいくつもの会社で働いてみた上で、改めて本命の会社に応募するスタイルもあります。
職場の戦力としてカウントされるインターンでは、アルバイト扱いで勤務時間分の給与が支払われるケースもありますが、原則的に無給での勤務です。
会社の都合によってインターンの受入時期と人数が決まるので、学校の就職課や大手の就職活動サイトで常に情報をチェックしておく必要があります。
人気が高い会社にはインターン希望者が集まりやすく、履歴書を送付しての選考になる場合が少なくありません。