就職活動のスケジュール

就職活動のスケジュールは毎年同じというわけではありませんし、企業や大学などの学校や、個人としても就職活動のスケジュールは異なってくると思います。キチンとしたスケジュールを立てていくことが大切になります。

就職活動のスケジュール

就職にインターンシップは有利なのか

現代の就職活動においてインターンシップは非常に重要な存在となっています。
人気のある企業が実施しているインターンシップだと倍率が百倍を超えることもありますから、就職活動の前にインターンシップ活動を置く人もかなり多くなっています。
ですが実際のところ、就職にインターンシップが有利なのかと言うと、これは企業の考え方によってかなり大きく変わってくるでしょう。
確かに極端な企業だとそもそもインターンシップに参加した学生しか応募を受け付けないというところもありますし、インターンシップに参加していたかどうかを人材採用における判断基準に据えるところもあります。
ただそうではない企業だとインターンシップに参加したというのはプラス要素であるもののそこまで重視をすることはないというところもありますし、逆に他社のやり方を見て先入観を持っているかもしれないということでリスク要素と考える企業もあるのです。
ですから「インターンシップに参加することは無意味ではないが、無理をして参加するほどのことでもない」とするのが最も適切な答えとなるでしょう。
ただここまでのことは、採用を判断する企業側からの見方です。
逆に就職活動をする側からすれば、インターンシップに参加することは知識と経験を増やすことに間違いなく役立ちます。
企業での働き方を知っていれば実際に働き始めてからのビジョンも描きやすくなるでしょうし、面接で自分を売り込むネタが一つ増えます。
インターンシップに参加しただけで間違いなく採用をしてもらえるような企業というのはまずほとんどありませんが、今後の就職に際して強い武器になるのは確かです。
そのために自分がやるべきことをないがしろにしては意味がありませんが、もし余裕があるのなら参加を検討する価値はあるでしょう。

就職活動前に企業の情報収集をしよう

就職はその後の人生を左右するほどの大きなイベントであり、できることなら自分の希望どおりの企業に入社したいものです。
そのためには就職活動前に応募する企業についての十分な情報収集を行うことが不可欠となります。
そして就職活動中は常に最新の情報の網を張っておき他の就活生よりも有意に活動を進めていかなければなりません。
では企業の情報収集とは一体どういったことから始めればよいのかというと、まずは企業とその業界について深く知る必要があります。
面接では必ずなぜこの業界を選んだのか、どこに企業の魅力を感じたのかを聞かれることになります。
そのときに企業研究や業界研究をおろそかにしていると企業側からその学生の本気度を疑われてしまうことになります。
反対にしっかりと情報収集ができていると本気で応募していると判断され評価も高くなりその後の選考にも進みやすくなるのです。
また就職時の情報収集のやり方をマスターしておくと企業に入社したあとも効率的に必要な情報のみ取り入れることができるようになります。
また企業側がどのような学生を欲しがっているのかを把握しておくことで面接の仕方やアピールの方法も変わってきます。
現在ではインターネットを利用して簡便に情報を入手することができますが、豊富な情報のなかでどのような目的でどのように活用していくのかを明確にしながら情報収集していくことが求められます。
そして同じ情報のなかでも他の就活生が持っていない情報をいくつ手に入れることができるかがより良い就職活動を行うためには不可欠となります。
そのためには企業の説明会や会社訪問を積極的に行い、生の新鮮な情報を入手していくことが必要となります。

就職活動前に自己分析をすることが大事

就職活動を行う前には、自己分析を行うことが大事です。
面接時には自分の強みや課題をアピールする必要がありからです。
強みをアピールすることは、その会社でどんな働きができるのかを伝えるためです。
即戦力としてどんな貢献ができるのかを伝えることで採用される可能性を高めます。
そして課題を語ることで、自分自身の取り組むべきことをアピールすると共に、向上心を持っていることをアピールできるからです。
会社が求めるのは、即戦力として働けると共に、常に自分を高めようと努力する人です。
そしてその両方を把握しておくために、自分自身を分析することが必要になります。
その方法としては、これまでの自分の仕事を振り返ることが必要です。
そしてそこで品質を高めるために、どんな努力をしてきたのかを考えることが重要です。
それが自分の強みとなっているからです。
そしてどんなことに苦労したのかを思い返すことです。
それが、これから自分が取り組むべき課題となります。
例えばコミュニケーションを取るのが得意であるとします。
けれども会議などで司会を行う時、なかなかまとめることができなかったとします。
そこに、自分の強みや課題を見出すことができるわけです。
具体的にこれまでの仕事を振り返って、細かくその内容をリストアップすることが大事です。
そこから得たスキルを導き出し、さらにそれをどんな仕事にでも活用できるような要素に変換させることが大事です。
最も基本的なスキルの形とすることで、どんな仕事に転職するとしても通用させることができるからです。
転職では、自分の強みを生かせる仕事を探すのが基本です。
たとえ未経験であっても、いずれ収入を大きく引き上げることにもつながるからです。